査定を効果的に活用できた不動産売却

今の住まいを引き払うため、不動産業者を探す

両親と別居することになった | 今の住まいを引き払うため、不動産業者を探す | 結果的に、住み替え後資金に余裕ができた

この結果を基にして購入する住宅を探しながら、売却をするための不動産業者を探すことにしました。
住み替えなので売買を両方共に同じ業者に扱ってもらえた方が簡単でしょう。
そう考えたときに先にまずは売る手続きを進めようと決めました。
買い手が見つからなかったら売れないからであり、その目処が立った時点で買う方の家が見つからなかったら別の業者も探そうと決めたのです。
この考え方が結果的に成功につながりました。
既に査定を受けていたので販売価格については目星がついていました。
どの業者に仲介を依頼すれば高く売れるかが一番の問題だったので、信頼性を重視するために近くの業者を3つ選んで実際に相談に行ってみるというのが自分の選んだ方法です。
話をしてみて自分の立場をよく理解して、適切な方法を提案してくれるかということを重視することにしました。
意図をよく汲んでくれる担当者に当たることができれば高く売れる可能性が高いのではないかと考えたのです。