憧れの公務員は大変!?について

憧れの公務員は大変!?

多くの学生が憧れる公務員という職業!
公務員と言っても様々な職種がある訳だが、実はもっとも退職する人が多いのも公務員である。
仕事が定時で終わるし、簡単そうで楽そうな公務員と誰もが思いますが、実は凄く大変です。
特に公務員が大変だということはクレームだそうです!
毎回のように罵声を浴びせてくる人もいるようで、そのためうつ病になったりする人もいるようです。
そのようなことがないように、公務員では既にクレーム対応のマニュアルなどもしっかりと完備されているのですが、マニュアルがあろうがなかろうが、キツい人からしてみれば本当にしんどいと思います。
しかし、しっかりとしたお金がもらえるというのは良いと思いますが、金額は上がらない!というのが公務員ではないでしょうか?
なので、あまり頑張る人ってのが少ないんですよね。
給料は下がる一方だと言われていますが、そこそこ貰えるはずなので公務員はまだまだオススメではないでしょうか?

公務員も臨機応変に対応できる才能がないと厳しい時代です。

かつての公務員は、ただ机に座って定時を迎えれば終わりということもありましたが、現在ではそうしたところはほとんど見かけなくなっています。税収不足や支出関係予算が増大し、人員削減により増員がなかなか認められなくなっているためです。退職者が出ても給料を減らしてOBを雇用し対応しなければいけなくなったり、あるいは正規の公務員で対応していた業務をアルバイトなどの臨時職員で対応したりするケースが増えています。かつてのような人が余っているという部署はどんどん少なくなってきているのです。また、人手不足からかつては2人で行っていた業務が1人で捌かなければならないことも増加しています。業務量の増大はこれからも続くと見られており、採用はしない上に業務量の増大は続くというこれからの公務員は決して楽な商売ではないと言えるでしょう。特に事務職においては、特定の業務に精通していたとしても人事異動などでまったく別の業務をしなければいけないことがままあります。税金の仕事をしていたのに次は介護保険の業務をしたり、あるいは道路の維持管理の仕事をして現場で業者の監督をしていたような人が、次には生活保護の業務をしたりといったように、いろいろな経験をさせるというかさせざるを得ない状況が発生しているため、これからはいろいろな業務をすることが可能でしかも様々な事柄に臨機応変な対応が可能な人こそが求められる時代に変化していくことでしょう。

recommend

釣具 買取

探偵事務所 東京

デジカメ 買取

太陽光発電 大阪

iPhone 中古